✴︎FREE SPIRIT✴︎

元美容師の自由をこよなく愛する自由奔放な女が書く雑記ブログ、"ふりすぴ"♬

こんまり先生の本を読んで実践中!人生がときめく片づけの魔法

こんにちは!

なぜかどんどん物が増えていく、もったいない症のにゃいこです。

f:id:nyaichiiblog:20170427113707j:plain

今月ももう終りに近づいていますが、4月といえば入学式や入社式などがあり

新しいスタートをきった方が多くいらっしゃるのではないでしょうか?

3月末から4月にかけて引っ越しが1番多くなる時期でもありますね。

 

私も3月末で一旦仕事を終えて実家がある岐阜県に帰ってきたのですが

「あんた、荷物の片付けしなさいよ!」と母に言われました。。。

私の実家は家が二つ並んで建っており、むかーしからあるボロの平屋に荷物を置かせてもらっていたのですが、久しぶりに見てビックリ!!!!

に、荷物が増えている・・・・・(汗

専門学校を卒業したあと、そのまま東京で就職し4年ほど過ごしたのですが

イギリスに行くことになり、かなり短期間でバタバタで片づけ→荷物を実家へ

帰国後、リゾバで全国各地を転々としてからオーストラリアへ→荷物を実家へ

ワーホリ終了と共に一旦帰国し、半年間名古屋に住みカナダへ→荷物を実家へ

そうです。私は荷物を全部実家へ集めていたのです。

恐るべし、いやありがたき実家です。

というわけで今まで整理してこなかった荷物たちをどうにかしなければいけなくなりました。

が!!!しかしですよ、やる気が湧いてこない。

片づけるのって面倒なんですよね、時間かかるし。。。

と思っていたところ、私の相方が「これ読んでみたらいいよ」と勧めてくれた本がありました。

 

あなたの人生も変わるかもしれない?!片づけの魔法とやらを実践

彼が勧めてくれたのはこの本でした。

近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」!

しかも漫画バージョン!!

活字が少々苦手なわたしにはもってこいの本ですねw

早速読んでみる→結構おもしろい→片づけやろうかなって気持ちになる(単純

 

この本を読んで思ったんですが

なんだか最近上手くいってないなぁとか

精神的に落ち込んでるなぁとか

スッキリしない感じが気になるなぁとか

そうゆう風に感じるときって大体部屋が汚いんですよね!

あと持ってる物が多すぎて収集つかないとかね!

こんまりさんの本からパワーをもらった私は「よし!やってやろ!」と奮起し

重い腰を上げて取り掛かりました。

 

こんまり式の片づけ方

私がこんまりさん式の片づけ方法で大切だと思ったのは下記の5つですね。

 

①捨てるか残すかは「ときめき」が基準

②整理する順番は衣類→本→書類→小物類→思い出の品

モノ別で片づけていくこと(場所別にしない)

④全てのモノ(衣類なら全ての衣類)を一か所に集めてから整理する

収納は最後に考える!モノの定位置を決めてあげる

 

 

まず衣類から片づけを始めますが、これは「ときめき」を判断しやすいから。

最初に衣類すべてを集めておきます。その際に衣類とつながるバッグや帽子、靴なんかも一緒に整理できるといいですね!

ジャケットなんかのアウターもお忘れなく!

そして、この服を着ている自分にときめくかなぁ~と想像しながら選別していきます。

f:id:nyaichiiblog:20170427121730j:plain

ぎゃ!!散らかってるぅ!!!!

お見苦しい写真ですみません。。実際に片づけている最中に撮りました。

衣類ってやっぱり選別している時に迷ってしまうことがあるんですよね~

これまだ着れるかもとか、この服高かったんだよなぁ、とかw

そういう時は一旦「迷ってますコーナー」を作って置いておき

選別した後に着てみるとか、鏡の前であててみるとかして確認します。

でも80%ぐらいの確率で「やっぱいらないわ」ってなりますけどねw

 

こうして無事衣類の整理が終わり、服の量が元の半分ぐらいになりました!

なんだかスッキリ☆

そして本や書類、小物類も順調に片づけが進みました。

私は約1ヶ月後に引っ越しをするのですが、全てモノ別にしまっています。

せっかく整理したのでキレイな状態のまま引っ越したいですよね^^

 

ここでいらなくなったモノですが

衣類は捨てる、もしくは買い取りに出そうかと思っています。本も同様。

私にとってはいらないけど誰かにとっては必要なモノかもしれません。

宅配買取サービスを利用する予定なので、また後日レビューを書くつもりです!

乞うご期待♪

 

1番整理するのに困ったモノとは・・・?

さてこれまで順調に進んでいたお片づけですが、ここにきて困りました。

一番最後の「思い出の品」というモノたち。

学生のときに撮った写真や、行事のときに作ったTシャツやブレスレット、

メッセージが書いてある色紙などなど。

どれも思い出がいっぱいで捨てづらいんですよね(泣)

 

こんまりさんはこんな風にヒントを下さいました。

思い出の品は段ボールに収納した時点で死んでしまっています。

 取り出すことはありません。それはいらないのと同じです。

はぁーーーん!!!確かに!!!!

段ボールに入れて押入れの奥にしまったら取り出すことなんてないもんなぁ。。

そう思い直して、思い切って選別しました。

捨てるときは躊躇してしまいがちだけど「大切な思い出をありがとう」とひとことお別れを告げたらもう大丈夫☆

特に写真は目が写っているので、見られているようで捨てにくいですよね。

そういうときは何か白い紙を用意して、写真にかぶせる、もしくは包み込んで隠し捨てるのが良いそうです。

燃えるごみに入れるのはちょっと・・・という方は近くの神社やお寺に持ち込むという方法もあるようですね。

ぜひ試してみてください!

 

まとめ

ここ数年テレビでも活躍されている近藤麻理恵さん、通称こんまりさんの

人生がときめく片づけの魔法」をご紹介しました!

 

実際にやってみて、確かに時間もかかりますし労力もいりますが、

過去に自分がメモしていたものなんかを見つけて、当時を振り返ったりすると

一歩ずつかもしれないけど人は成長しているんだなって考えさせられます。

 

でも過去は過去。

終わったものは捨てて、今の自分を大切に、

そして未来を見て、前を向いて生きていくことって素敵なことだなと感じました。

なんだか新しい自分になれそうな気がしてきたぜっ☆

 

 

 

みなさんも人生が「ときめく」片づけ、挑戦してみませんか?

 

 

 

 

 

にゃいこё