✴︎FREE SPIRIT✴︎

自由をこよなく愛する自他共に認める自由奔放な女が書く雑記ブログ、"ふりすぴ"♬

30歳を機に田舎暮らしを始めた私が伝える、移住した理由と【長野県の魅力】

こんにちは!

なにかと私事でバタバタしておりましたaico☻*(@nyaicony)です。

この度【長野県】に完全引っ越しいたしました!いえーい!!

f:id:nyaichiiblog:20170608235441j:plain

 

 

長野に住みだしたキッカケ

少し前のことを思い返してみると、長野県に住み始めたのは一昨年の12月が最初になります。

友人とカナダ・アメリカを1ヶ月ほど旅行し帰国した後、スノーボードがしたかった私はどこの山に行こうかなーと考えていました。

そのタイミングでカナダで出会って今でも仲良くしてくれている友人Yからたまたま連絡があり、「白馬においでよ〜!」と誘ってくれたのです!

スキー・スノーボードにおいて国内で有名なところといえば【北海道】と【長野】ですが、その中でもパウダーが超パウダーだと絶賛される白馬に行ったことがなかった私は「これは行くしかない!」と即座に決めました。

はい!ここまでで既に自由人であることを分かっていただけると思いますがw

住み込みで雇ってくださるところを探し、無事白馬に移動したのでありました!

その後、白馬→野沢温泉→北志賀高原と移動し約1年弱のあいだ長野県で過ごしたのです。

 

【都会への憧れ】から【田舎暮らしの心地よさ】へ

私はもともと岐阜県高山市の中でもかなり田舎の地域で生まれ育ったため、都会への憧れが半端じゃありませんでした。

美容師になるために進学をしたときも絶対東京に行く!と決めていたし、働くのも東京がいい!と思っていました。

最先端のものは東京にいれば何でも手に入るし、おしゃれなお店も洋服もたくさん、美味しいものだっていっぱいある。休みの日があれば前日の夜からclubに行き、友達と飲んで踊りまくってストレス発散!!それがその時は最高に楽しかったのです。

オーストラリアに行ってからも同じようなことを繰り返していました。

 

でもふとした時に、これを本当に「楽しい」と思っているんだろうか?と考える瞬間が増えていきます。ちょっと違うんじゃないかなって。

そんな風に考え始めた頃カナダに行き、ひょんなことからウィスラーに住むことになります。バンクーバーから高速バスを使って約2時間半。ウィスラーはバンクーバーオリンピックの会場になったこともあり、とても綺麗な街でしたが小さな田舎町でした。

でも山の大きさは日本の比ではなく、その壮大な景色も今まで見たことがないもの。スノーボードをするために何度となくゴンドラやリフトを乗り継いで山の上へ上へと行きましたが、その日によって見える景観が違い、自然の力に驚くばかりでした。

この経験をキッカケに「田舎で暮らすって楽しいな」と思うようになったのです。そんなこと昔は微塵も思わなかったのに!!物質的な豊かさではなく、その時しか見ることができない青空や夕陽、樹氷やクレバス、いろんな表情を見せる山々や一面の星空など、自分が目で見たもので「心が豊かになっているなぁ」と、「生きてるなぁ」と感じられるのは素晴らしいことだと思うようになりました。

そういった生活ができる場所は日本国内であればきっと【長野】なのだろうと考えたことから今に至っているのだと思います。

様々な生き方があり、それは十人十色。私の場合は【田舎暮らし】の方が合っている、というかそれがイチバン居心地が良く感じるのだと気づいたのです。

 

オススメの移住先、長野県!その魅力を紹介します!

四季を五感で感じられる大自然

きっとこれらの写真を見たら分かっていただけるはず!!

f:id:nyaichiiblog:20170611184301j:plain

*野沢温泉村 菜の花畑

 

f:id:nyaichiiblog:20170611184455j:plain

*中野市 バラ祭り

 

f:id:nyaichiiblog:20170611184713j:plain

*長野市 戸隠神社

 

f:id:nyaichiiblog:20170611185114j:plain

*山ノ内町 竜王マウンテンパーク

 

移り変わる景色を見て、花の香りを匂い、旬のものを食べ、鳥のさえずりを聞き、体で温度を感じる。

五感を最大限に使って感じることができる四季は自分自身をより豊かにしてくれているように思います。

 

日帰り温泉の数がなんと日本一!

環境省が作成した平成26年 環境統計集のよると、温泉利用の公衆浴場数つまり日帰り温泉施設数が日本一多いのは長野県なのです!

その数、671!!!

他にも温泉地数(環境省の定義は「宿泊施設がある場所」)では、全国2位で221でした!ちなみに1位は北海道の246!

私が住んでいる地域の周辺にもたくさん日帰り温泉があり、その料金も300円〜500円と安いのです。しかも大体の温泉が掛け流し!!最高です♡

温泉が大好きな私はちょっと疲れたな〜と思う時や、がんばったご褒美にとちょくちょく行っています。こんな素晴らしい環境はなかなかないですよね!

f:id:nyaichiiblog:20170611203810j:plain

*木島平 馬曲温泉 望郷の湯

 

世界の山々とも引けを取らないパウダースノー!スキー&スノボのメッカ!

父が競技スキーの選手だったことや、祖母が実家近くのスキー場で働いていたこともあり、私は小さい頃からスキーを教わって冬の間中滑っていました。

社会人になってからも地元の飛騨高山を始め、新潟へ行ったり、カナダでもウィスラーで篭っていたことがありますが、長野の雪ほど軽くてサラッサラのパウダーは他にありませんでした!

滑った人にしか分からない世界がそこにはあります。本当にたまらないんですよ〜!!

長野県内には94のスキー場があり、そのうち営業しているのは85ヶ所となっています。雪質が最高なのはもちろんのこと、山によってコースの面白さも違い、行く場所によって様々な楽しみ方があるのも魅力のひとつとなっています!本州のど真ん中に位置しているのでアクセスが良いこともポイント!

また外国人旅行者の間でも知られている白馬や志賀高原など、その人気は日本だけに止まらず世界へと広がっています。

f:id:nyaichiiblog:20170611213913j:plain

*白馬村 八方尾根スキー場

 

f:id:nyaichiiblog:20170611213919j:plain

 

f:id:nyaichiiblog:20170611213948j:plain

 

f:id:nyaichiiblog:20170611214100j:plain

 

f:id:nyaichiiblog:20170611214403j:plain

*野沢温泉村 野沢温泉スキー場

 

晴れた日に山頂から見る雪化粧をした山々は、とても美しく見ていると心の中まで澄んでいくようなそんな清々しい気持ちになれますよ♡

 

まとめ

長野県に移住したにゃいこがお伝えする【長野県の魅力】を紹介しました!

移住はちょっとハードル高いなーって方も、ぜひ一度遊びにきてみてください☆

特にこれからの季節、夏はクーラーいらず!めっちゃ涼しくてカラッとしたお天気になり都会に比べて過ごしやすいです。

今まで長野に行ったことがないという方が少しでも興味を持ってくだされば嬉しいです♪

 

 

 

aico☻*

*画像の無断転載は禁じられています。